澤 前回覇者・豪州に雪辱誓う「しっかりと勝って」

[ 2014年5月14日 05:30 ]

練習で指示を出す佐々木監督。手前は宮間(左)と猶本

 なでしこジャパンは14日、15年W杯カナダ大会予選を兼ねたアジア杯ベトナム大会の1次リーグ初戦で前回覇者オーストラリアと戦う。

 MF澤は前回準決勝で敗れた相手に「高さもあるし、スピード、パワーもある。簡単には勝てないけど、しっかりと勝って1次リーグを戦いやすくしたい」と雪辱を誓った。8日の親善試合ニュージーランド戦はサイドバックが上がった裏を突かれ、ピンチを招く場面があった。オーストラリアもサイドにスピードのある選手が控え、ケアが必要となる。それでもMF川澄は「サイドバックが攻撃に参加するのは日本の武器。守備を気にしすぎてサイドMFまで下がってしまうと相手の思うツボ。自分たちの攻撃の時間を長くすることで相手を下がらせたい」と強調。ボール保持で圧倒して相手を自陣に押し込める考えを示した。アジア杯は8チームが参加。5位までがW杯出場権を獲得する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年5月14日のニュース