ベンフィカ 立ちはだかる“グットマンの呪い” 欧州L決勝

[ 2014年5月14日 05:30 ]

 欧州リーグ決勝はベンフィカ―セビリアの顔合わせで14日にイタリア・トリノで行われる。

 2季連続で決勝に進出したベンフィカは61、62年にチームを欧州チャンピオンズ杯(現CL)連覇に導いたハンガリー人のグットマン監督が辞任してから欧州カップ戦決勝の舞台で7戦全敗。「グットマンの呪い」と呼ばれるが、ジェズス監督は「迷信は信じない。ベストのチームが勝つとは限らないが、セビリアよりいいプレーをして勝つ自信がある」と言い切った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年5月14日のニュース