長友 サネッティらと障害者交流 ミニゲーム楽しんだ

[ 2014年5月14日 05:30 ]

 W杯日本代表のインテル・ミラノDF長友佑都が13日、障害者スポーツ振興のイベントに参加した。

 障害者スポーツ振興の国際NGO団体「スペシャル・オリンピックス」とともに練習場で記念試合を実施。サネッティら4選手と障害者10選手と特別チームを編成してミニゲームを行い、盛り上げた。試合後は写真撮影に応じ、練習着もプレゼントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年5月14日のニュース