岡崎 “華麗に”Vアシスト「質が上がってきている」

[ 2012年9月12日 06:00 ]

<日本・イラク>前田(手前)のゴールをアシストした岡崎

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 泥臭さが持ち味のザックジャパン・岡崎慎司が、華麗なアシストをマークした。前半25分、右サイドの深い位置で駒野のスローインを受け、左足アウトサイドで前田の頭に合わせた。「練習していた形。前田さんがよく決めてくれた。常に結果を求める中で、アシストできたのは良かった。(ドイツでは)チャンスメークも求められるので、質が上がってきている」と満足げに振り返った。

 6日のUAE戦は清武が先発したためベンチスタート。招集されて先発しなかったのは、右膝に違和感を抱えた昨年10月7日のベトナム戦以来だった。スタメン落ちの危機もあった中でしっかり結果を残した。それでも、ゴールが身上のストライカーに満足感はない。この日はシュート0に終わり「FWとしてシュートシーンを増やしたかった」と反省した。次戦11月のアウェー・オマーン戦で評価を上げるゴールを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年9月12日のニュース