INACに陽子ら3人合流 15日リーグ戦再開

[ 2012年9月12日 06:00 ]

 U―20女子W杯で銅メダルを獲得したヤングなでしこのMF田中陽子(19)、MF仲田歩夢(19)、GK武仲麗依(20)の3人が兵庫県三木市内で行われたINAC神戸の練習に合流した。

 約1カ月ぶりのINAC神戸での練習に、仲田は「練習の内容も質も(U―20女子日本)代表よりハード。レベルの高さが全然違う」と正直な感想を打ち明けた。3位決定戦のナイジェリア戦で左足甲を打撲した田中陽は大事を取って別メニューだったが「リーグ後半戦は少しでも試合に出たい。中盤で勝負をしたい」と厳しい競争を勝ち抜いて中盤で試合に出場することに意欲を燃やした。

 INAC神戸は9日のなでしこリーグ杯決勝日テレ戦で公式戦44試合ぶりに黒星を喫した。15日のリーグ再開初戦大阪高槻戦が仕切り直しの一戦。伸び盛りの若い力がカンフル剤となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月12日のニュース