してやったり!駒野 絶妙スローインで決勝弾呼んだ

[ 2012年9月12日 06:00 ]

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 ザックジャパンの駒野は狙い通りのスローインで決勝弾の起点となった。

 前半25分、敵陣深くの右タッチラインから絶妙のスロー。走り込んだ岡崎のクロスから前田のゴールが生まれた。練習で何度も繰り返してきたパターンで「スローインから崩せればと思っていた」としてやったりの表情。前半44分には岡崎へのスルーパスで好機を演出するなど、流れの中でも質の高いプレーを見せた。この日出場停止だった内田との定位置争いはし烈だが、2大会連続W杯出場中のベテランの存在は頼もしい限りだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年9月12日のニュース