清武 好機演出、ザック監督絶賛も「目に見える結果欲しかった 残念」

[ 2012年9月12日 07:23 ]

<日本・イラク>後半、本田にドンピシャのクロスを上げる清武

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 香川の代役として緊急先発したザックジャパンの清武弘嗣が精度の高いプレーを見せた。

 前半15分に岡崎の右サイドからのクロスに頭を合わせてゴールに迫れば、後半35分には本田へのピンポイントクロスで決定機を演出。長友との絶妙のコンビで左サイドを何度も崩した。

 それでも「目に見える結果が欲しかった。それが残念」とゴールに絡めなかったことを反省。ザッケローニ監督からは「マークを外す動きが素晴らしい。バイタルエリアで攻撃を活性化できる」と絶賛された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年9月12日のニュース