ジーコにドヤ!長友「できますよって伝えといて」

[ 2012年9月12日 06:00 ]

<日本・イラク>ジーコ監督の前で華麗な突破を見せる長友

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 ザックジャパンの長友佑都は痛めていた右足首の不安はおくびにも出さず、圧巻の運動量で左サイドを制圧した。

 試合後、敵将ジーコ監督が「長友はあと90分やっても走り続けるんじゃないか?」とあきれ顔を見せれば、ザッケローニ監督も「後半45分でもオーバーラップしていた」と笑う。当の本人も「できますよって(ジーコ氏に)伝えといてください。体が軽すぎて困ってたくらいなんで」とケロッとしたものだ。それどころか「清武との連係は凄くやりやすい。でも世界のトップを目指すにはやることが多い。僕や(本田)圭佑、(香川)真司がレベル的に突き抜けないと、若手がついて来ない」とあくまでも上を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年9月12日のニュース