腰に違和感あった…香川、ベンチ外も「重症ではない」

[ 2012年9月12日 06:00 ]

<日本・イラク>スタンドで観戦する香川

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 VIP席から勝利を見届けたザックジャパンの香川真司はロッカールームへ行き、笑顔でチームメートを迎え入れた。試合前日に行われたミニゲームの終盤に、腰に違和感を訴えて練習を離脱。試合当日まで出場の可能性を探ったが、100%の状態に戻らなかったため、午後3時に欠場を決めた。「力を入れた時に腰に違和感がある。迷惑を掛けるよりも出ない方がいいと思った」。ピッチには立てなかったが、得点の瞬間は笑顔で手を叩くなど気持ちはともに戦っていた。

 イラク戦は名誉挽回の舞台になるはずだった。香川は本職のトップ下ではない左MFの位置に苦しみ、国際Aマッチでは最近3試合無得点。周囲の評価が気になり、普段は見ないインターネット掲示板「2ちゃんねる」にも目を通した。

 平常心を失いかけていたが、試合前に尊敬する三浦知良(J2横浜FC)から激励メールが届き、発奮。「やるしかない。結果を出したい」と前向きになった矢先にアクシデントに見舞われてしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年9月12日のニュース