アドレナリン全開!ザック監督 大興奮で岡崎と清武勘違い

[ 2012年9月12日 06:00 ]

<日本・イラク>試合中、選手に指示を出すザッケローニ監督

W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク

(9月11日 埼玉)
 試合後の興奮した日本代表・ザッケローニ監督の様子が、勝利の重みを物語っていた。会見でも試合中の興奮が冷めやらず、ゴールのアシスト選手を岡崎ではなく清武と間違えた。さらに試合終了直後に本田と話した内容についても「覚えていない。アドレナリンがかなり分泌していたからね」と振り返った。

 最後まで信念を貫いた。この試合では主力4バックのうち3人が出場停止。8月15日のベネズエラ戦、9月6日のUAE戦で伊野波を先発でテストし、いずれも満足な結果ではなかったが、ブレずに伊野波を起用。イラク攻撃陣を完封し「DF陣はよくやった」と合格点を与えた。

 埼玉スタジアムではこれで5戦5勝。チーム全体の底上げには疑問符も付くが、今後の新戦力招集については「NO」と即答。「コンディションが良ければ、今の選手より優秀な選手を見つけるのは難しい」と今後も現有戦力で戦うことを示唆した。14日には欧州組視察のため離日する。

 ▼日本サッカー協会大仁会長 勝ち点3を取れて、かなり進んだ。ただ、あとアウェーが3試合なので、安心はできない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年9月12日のニュース