首位の柏は磐田に完敗…仙台はG大阪破り2位浮上

[ 2011年6月15日 21:26 ]

 J1第15節は15日、日立柏サッカー場などで9試合を行い、首位柏は磐田に0―3で完敗した。勝ち点22で首位を守ったが、G大阪を2―1で破って2位に浮上した仙台との勝ち点差は2となった。仙台は開幕から唯一の無敗。

 広島は浦和と引き分けて3位に後退し、横浜MはC大阪を退けて4位を守った。川崎は大宮に今季チーム最多5得点の大勝で5位に上がり、名古屋は新潟を下して3連勝。

 東日本大震災後初の本拠地開催となった鹿島は試合終了直前の失点で甲府に敗れた。福岡は神戸と引き分け、開幕からの連敗は9でストップ。清水は山形に競り勝った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月15日のニュース