マラドーナ氏が提訴「中国企業が肖像権侵害」

[ 2011年6月15日 22:22 ]

 サッカーのアルゼンチン代表前監督のディエゴ・マラドーナ氏が「中国のオンラインゲームで肖像権などを侵害された」として、上海のゲーム会社などに2千万元(約2億5千万円)の損害賠償を求める訴えを北京の裁判所に起こした。中国紙、京華時報が15日までに報じた。

 提訴されたのは上海のゲーム会社と中国の大手ポータルサイト「新浪網」を運営する企業。マラドーナ氏は、両社が運営するオンラインのサッカーゲーム「熱血球球」が同氏の肖像と名前を無断で使っているとして、損害賠償のほか肖像などの使用停止と謝罪を求めている。

 ゲーム会社は、同社の代理人から「マラドーナ氏と(肖像権使用の)契約を交わし、契約料を支払った」と説明を受けたと釈明。一方、マラドーナ氏は「契約した事実はな(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月15日のニュース