レオナルド監督に解任報道 長友起用に影響も…

[ 2011年6月15日 06:00 ]

 日本代表DF長友佑都(24)が所属するインテル・ミラノのレオナルド監督(41)が解任される?14日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙は、元チリ代表監督のマルセロ・ビエルサ氏(55)がインテルの新監督に就任する可能性が出てきたと報道。

 モラッティ会長が先週末に電話をかけて監督就任を打診したというもので、就任時期は不明だが、ビエルサ氏が新監督となる場合は12年まで契約があるレオナルド監督はフロント入りが濃厚としている。

 ビエルサ氏は元アルゼンチン代表監督でインテルのMFサネッティらを指導。10年W杯南アフリカ大会でチリ代表を率いて16強入りした手腕は高く評価され、日本代表の監督候補にも挙がった。指揮官が交代した場合は、レオナルド監督から信頼され先発に定着していた長友の起用にも大きな影響を与えそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月15日のニュース