柳沢が仙台で初出場「やっとピッチに立てた」

[ 2011年6月15日 19:11 ]

J1第15節 仙台2-1G大阪

(6月15日 ユアスタ)
 4月中旬に左膝を手術した元日本代表の柳沢が、仙台に移籍した今季初出場。後半38分に交代で送り出され、サポーターの声援に包まれた34歳のストライカーは「やっとピッチに立てた」とほっとした様子だった。

 同41分にはDFを背負いながら後ろからのパスを正確に止め、右をオーバーラップした角田に鋭い縦パス。これが決勝点の起点となり「いいパスが出た。調子のいいチームに入っていく難しさを感じていたけど、自分なりにやれた」と穏やかに笑った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月15日のニュース