サッカー女子日韓戦で高橋陽一氏ら震災復興活動支援

[ 2011年6月15日 20:03 ]

 日本サッカー協会は15日、東日本大震災の復興支援活動として、18日の日本女子代表―韓国女子代表の国際親善試合で小倉純二会長やサッカー漫画「キャプテン翼」作者の高橋陽一氏らが会場となる愛媛県のニンジニアスタジアムで募金活動を行うと発表した。募金やチケット収入全額などを「サッカーファミリー復興支援金」として、被災者のためのサッカー教室などに活用する。

 高橋氏が書き下ろした「なでしこジャパン」の新キャラクター「楓」のTシャツ(定価3千円)も当日販売し、1枚につき千円を復興支援金に充てる。また、インターネット上の日本協会公式ショップでは慈善オークションを実施する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月15日のニュース