宮市 最終戦は前半限りで交代も「この4カ月は大きな財産」

[ 2011年5月15日 21:45 ]

NECナイメヘン戦の前半、先発出場し競り合うフェイエノールトの宮市(右)

 サッカーのオランダ1部リーグ最終節は15日、各地で行われ、フェイエノールトの宮市亮はホームでのNECナイメヘン戦に3トップの左で先発出場したが、前半限りで交代した。チームは1―1で引き分けて10位。上位2チームによる直接対決でアヤックスがトウェンテに3―1で勝ち、勝ち点73で7季ぶり30度目の優勝を決めた。

 オランダでの今季最終戦は得点に絡めずハーフタイムで交代。それでも宮市は「毎日が楽しかったし勉強できた。この4カ月は大きな財産」と充実感を口にした。

 愛知・中京大中京高の一員として昨年末まで全国高校選手権に出場。1月に渡欧し、期限付き移籍したフェイエノールトで鮮烈なゴールやアシストを見せた。

 「自分の突破力は見せることができたと思う」と自信を深めた様子。来季の所属などについては「まだ何も分からない」と繰り返した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年5月15日のニュース