内田 ラウルのゴールアシストもチームは公式戦6連敗

[ 2011年5月15日 06:00 ]

<ケルン・シャルケ>先発出場した内田(左)

ブンデスリーガ最終節 シャルケ1-2ケルン

(5月14日)
 シャルケが公式戦6連敗を喫した。

 14日に敵地でケルンと対戦し1―2で敗れた。公式戦5試合連続で先発した日本代表DF内田篤人は、後半42分に右クロスでラウルのゴールをアシストしたが、勝利には結びつかなかった。チームは欧州CLこそ4強に進出したものの、リーグ戦では昨季の2位から14位と大きく順位を落とした。21日にデュイスブルクと対戦するドイツ杯決勝でタイトル獲得を狙う。

 ケルンの日本代表DF槙野智章は後半20分から出場した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年5月15日のニュース