3年8カ月ぶりJ1勝利!ハーフナーV弾「気持ち良かった」

[ 2011年5月15日 15:34 ]

甲府―名古屋 後半26分、勝ち越しゴールを決める甲府・ハーフナー(14)

J1第11節 甲府3―1名古屋

(5月15日 中銀スタ)
 昇格組の甲府が開幕6試合目で今季初勝利を挙げた。中東で戦ったACLの疲労が残る昨季王者の名古屋を相手に、3得点を奪う快勝。決勝ゴールを決めたエースのFWハーフナー・マイクは「気持ち良かった」とホームのサポーターの前で喜びを爆発させた。

 前半からペースを掴んだ甲府は、1―1の後半26分、FWハーフナーが1メートル94の高さを生かして2試合連続得点。MF片桐からのロングボールを相手DFに競り勝って胸トラップすると、左足を伸ばして値千金のゴールを押し込んだ。7分後には今季初出場のベテランDF市川の右クロスを、FW松橋が頭で合わせてダメ押し。途中出場の片桐、松橋が得点に絡むなど采配が的中した三浦監督は「いい時間に点が取れた」と満足顔で3年8カ月ぶりのJ1勝利を振り返っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年5月15日のニュース