マンU最多19度目V!さあ、次は欧州CLと2冠挑戦

[ 2011年5月15日 06:00 ]

プレミアリーグ マンチェスターU1-1ブラックバーン

(5月14日)
 マンチェスター・ユナイテッドは14日、アウェーでブラックバーンと1―1で引き分け、2季ぶりの優勝を決めた。イングランドのトップリーグ制覇はリバプールを上回って単独最多の19回目。1点を追う後半28分にFWルーニーが同点PKを決めて引き分け、残り2戦の2位チェルシーとの勝ち点差を7に広げた。

 旧1部からプレミアリーグに移行した92~93年から12回目の優勝。全てに関わってきたMFギグスは「20年前のリバプールはかけ離れた存在だった」と振り返った。90年代はギグスやベッカムら生え抜きが軸となり、近年はベテランと若手のバランスが取れたチームづくりが際立つ。就任25年目のファーガソン監督は「育成や人材発掘など理想的な仕組みがある」と黄金時代へ手応えを口にする。前半戦に移籍志願など騒動を起こしたルーニーも尻上がりに調子を上げ「浮き沈みがあったけど最高」と笑った。28日の欧州CL決勝バルセロナ戦で2冠に挑む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年5月15日のニュース