成長した証 李「“必殺ボレーが出た”って書いてください」

[ 2011年5月15日 08:08 ]

J1第11節 広島3―2横浜

(5月14日 広島ビ)
 広島が日本代表FW李忠成(25)の2ゴール1アシストの活躍で3―2で勝った。

 今季の目標は「一試合に1得点」。前節では好機で外し続けていたが、きっちり2得点で挽回した。前半17分、佐藤の頭での折り返しを、李は左足で豪快に振り抜いて先制点。「“必殺ボレーが出た”って書いてください」と笑った。

 日本代表としてアジア・カップの決勝戦でも見せたような大技を披露すると、2ゴール目は個人技で奪い「成長した証し」と振り返った。

 右サイドで受け、守備の人数が不足しているのを確認。相手2人を背負いながら強引にドリブルで攻め込んで決めた。「ああいう仕掛けは広島にきてから。波戸さんや祐三(小林)は昔のチームメート。最後かわしたのも中沢さん。成長した姿を見せられた」今季は6戦で4ゴール。得点王争いで首位に並んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年5月15日のニュース