川崎F練習中に新燃岳噴火!練習にも影響懸念

[ 2011年1月28日 06:00 ]

霧島山系・新燃岳の噴火を背に練習する川崎F

 川崎Fの27日午後の練習開始直後に霧島山・新燃岳が噴火し、ウオーミングアップ中の選手らが足を止める一幕があった。

 霧島山はキャンプ地から約60キロ離れているが、ドカン、ゴロゴロという音とともに火山灰が立ち上っていく様子が鮮明に見えたためスタッフらもしばらく見入っていた。今季横浜FCから復帰したFW久木野は宮崎市出身だが「初体験。びっくりした」。相馬監督は「火山灰の影響とかドクターと相談したい」と練習への影響を懸念した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース