香川は今季絶望…ドルトムント医師が診断「手術が必要」

[ 2011年1月28日 08:55 ]

松葉づえをついてドーハ空港に現れた香川

 サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントのブラウン医師は27日、アジア・カップで右足小指の付け根を折って日本代表を離脱したMF香川真司(21)を精密検査した結果、右足の第5中足骨骨折で手術が必要となり出場は来季になる、と診断した。クラブの公式サイトが伝えた。

 クロップ監督も定例記者会見で「この負傷で3カ月以内に治った例など聞いたことがないから、今季絶望というのは決まったと言っていい」と述べた。

 香川はリーグの首位を走るドルトムントでこれまで8得点の中心選手。25日の韓国戦で負傷して、27日にドーハからドイツのデュッセルドルフ空港に到着した後に救急病院で診察を受けた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース