決勝はウズベキスタンのAFC最優秀主審が笛

[ 2011年1月28日 06:00 ]

アジア杯決勝・日本―オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、日本がオーストラリアと対戦する29日の決勝をウズベキスタンのラブシャン・イルマトフ主審(33)が担当すると発表した。副審もウズベキスタンの2人が務める。昨年のW杯南アフリカ大会の開幕戦などで笛を吹いた同主審は、昨年まで3年連続でAFCの最優秀主審に輝いた。今大会では日本が5―0と大勝したサウジアラビア戦などで主審を務めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース