慎重なオジェック監督 主将ニールは本田圭を警戒

[ 2011年1月28日 20:03 ]

アジア杯決勝 日本―オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 オーストラリアのオジェック監督はJ1浦和の元監督で、アジア制覇にも導いた。だが、会見で日本の知識が役立つかと問われると「経験があることと、それを試合に反映することは別物」と言葉を濁した。

 浦和時代は、今大会に出場している長谷部(ウォルフスブルク)と細貝(アウクスブルク)も指導した。「2人の活躍は喜ばしい。親しみのこもった再会になる」と目を細めた。

 主将のDFニールは本田圭(CSKAモスクワ)を警戒。「イングランド・プレミアリーグへの移籍話が浮上しているようだね。質が高い選手で目を離してはいけない」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース