香川補償はどうなる 原委員長「お金を支払うことはないと思う」

[ 2011年1月28日 10:55 ]

 右第5中足骨骨折のため、アジア杯を戦う日本代表を離脱したMF香川真司(21=ドルトムント)。精密検査の結果、今季絶望との診断が下されたが、日本サッカー協会の原技術委員長は「香川の故障に対する補償は日本協会が選手に掛けている保険から支払われる」と説明した。

 所属するドルトムントとは近日中に直接、話し合いを持つことを明かした上で「無理な起用でケガをしたわけではないので、クラブに対してお金を支払うことはないと思う」との認識を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース