吉田ピッチで恩返す!「次は僕が貢献しないと」

[ 2011年1月28日 06:00 ]

<日本代表・練習>ザッケローニ監督(右)の指示を聞く吉田麻也

アジア杯決勝・日本―オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 リベンジの舞台を用意してくれた仲間たちの期待に応える義務がある。先発復帰が濃厚な日本代表DF吉田麻也が、シャットアウトでアジア制覇に花を添える決意を見せた。

 「感謝したい。次は僕がしっかりとチームに貢献しないと。ここまできたら優勝したい」

 準々決勝カタール戦で人生初のレッドカードを受け、準決勝韓国戦は出場停止。スタンドで祈るしかなかった。PK決着となった直後は「ホッとしました」と安どの笑みを見せた。決勝に懸ける気持ちは誰よりも強い。

 たまったうっ憤を晴らす場でもある。「ヘッドの対応は譲れないものがある」と話すが、シリア戦では不慣れな守備戦術への戸惑いから競り負ける場面が多く、カタール戦ではFWセバスティアンとの空中戦で警告を受けて退場につながった。試合後、ザッケローニ監督からは「(空中戦などの対応に)注意しろ」と言われ、「(左足骨折前の)1年前よりもヘッドが弱くなっている」とこぼした。だが大一番を前に弱音は胸の奥に封じ込める。

 オーストラリアはロングボール主体の攻撃で、カーヒルやキューウェルらを中心に出場国中最多の13得点。対応策に関して吉田は「最初にはじいてセカンドボールを拾うこと。早い段階で主導権を握れればいい」と話し自らの空中戦が鍵になると予想している。日本は今大会5試合で6失点。骨折でチームを離れた香川は「攻撃は問題ない。守備は今大会失点が多いので、ハードワークして最後は無失点で抑えてほしい」と守備陣に奮起を促した。「どんな試合でも無失点で抑えることが最低限の目標」と話す吉田も同じ思いを胸に決勝に臨む。初戦ヨルダン戦の吉田の劇的ロスタイム同点弾で始まった今大会。最後も吉田が締める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年1月28日のニュース