【青森記念】佐々木 デビュー23年目、41歳で記念初制覇「今は実感ない」

[ 2021年9月27日 05:30 ]

記念初優勝を飾り笑顔の佐々木
Photo By スポニチ

 青森記念決勝は26日行われ、デビュー23年目の佐々木雄一(41=福島・83期)が待望の記念初優勝を飾った。

 レースは深谷―東―石毛―阿部―坂本―佐々木―吉沢―東口―上田で周回。赤板で吉沢―東口が上昇するが上田が斬る。打鐘で阿部―坂本―佐々木がスパート。4番手以降は上田―吉沢―東口―深谷―東―石毛。

 最終2角から上田が捲ると坂本も番手捲り。上田は佐々木のブロックで不発。吉沢―東口が捲るも吉沢が不発で東口は内に下りる。その外を深谷が好スピードで捲るが、上田のあおりを受けて外を回る。坂本―佐々木で直線に入り、佐々木が抜け出す。深谷が迫り2着。

 99年8月デビューの佐々木がうれしい記念初優勝。競輪学校83期生の卒業記念レースでは完全Vを飾り、兄弟子の伏見俊昭が「(佐々木)雄一は素質があるし次の福島を代表する選手」と評した逸材。先行、捲りでS級トップに上り詰めたが、超一流の壁は厚くなかなか結果が出なかった。

 追い込みに転向してからは体重を絞ったり、試行錯誤を重ねながら安定感を増していった。新田祐、山崎芳らレベルの高い福島県で“自分の持ち場”が分かる玄人受けする選手の一人。

 佐々木は「前の2人のおかげ。今は(記念初優勝の)実感がないが、帰りの新幹線で笑顔になってるかもしれませんね(笑い)」と喜びを語る。40歳を超えてベテランの域に入る佐々木は「目の前の一戦一戦に集中して頑張る。一番下の子供(6歳)が20歳になるまではS級で頑張りたい」と現実的な目標を掲げた。

続きを表示

「2021 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2021年9月27日のニュース