×

【中山新馬戦】タヤスゴールド 直線突き放し快勝、江田照「ポテンシャル高い」

[ 2021年9月27日 05:30 ]

<中山4R新馬戦>直線突き放して勝ったタヤスゴールド(左)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 中山4R新馬戦(ダート1200メートル)は1番人気のタヤスゴールド(牡=岩戸、父プリサイスエンド)が快勝。出遅れた上に、序盤はかかって制御に苦しんだが、3~4角で外を一気に進出。逃げていたライヴサファイアに並びかけ、直線半ばで突き放した。

 江田照は「口向きの難しい馬で、カーッとする面も見せたが、何とかカバーして走ってくれた。ポテンシャルは高い。クラスが上がれば速い馬もいるので競馬がしやすくなると思う」と振り返った。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2021年9月27日のニュース