【神戸新聞杯】戦い終えて

[ 2021年9月27日 05:30 ]

 ▼5着キングストンボーイ(ルメール)こういう馬場の休み明けは大変だった。いいパフォーマンスをしてくれましたが、良馬場の方がいい。

 ▼6着イクスプロージョン(松山)スタート良く、いい形で競馬はできた。最後は苦しくなってしまった。

 ▼7着セファーラジエル(鮫島駿)馬は良くなっていました。折り合いはついたし、菊花賞に向けて、いいレースになりました。

 ▼8着ワンダフルタウン(和田竜)ノメって(走りが)バラバラになっていました。雰囲気は良かったので、良馬場なら変わると思います。

 ▼9着テイエムタツマキ(富田)自分のやりたいレースはできました。この競馬が次につながれば。

 ▼10着シゲルソウサイ(上村師)直線はジョッキーもオッと思ったらしいけど、そこから馬場の悪いところに脚を取られたようです。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月27日のニュース