【凱旋門賞】武豊 ブルーム騎乗決定「胸を張って出走できる馬。楽しみ」

[ 2021年9月27日 05:30 ]

凱旋門賞にブルームで挑戦する武豊
Photo By スポニチ

 武豊は凱旋門賞の騎乗馬が正式にブルーム(牡5=愛国、A・オブライエン、父オーストラリア)と決まったことから26日、中京競馬場で自身の最終騎乗後にメディアの取材に応じた。

 ブルームが7月にG1サンクルー大賞を勝った戦歴を強調し「凱旋門賞に胸を張って出走できる馬だと思います」として「世界的名調教師の馬なので楽しみ」と、名伯楽エイダン・オブライエン調教師とのタッグについても言及した。

 通算9度目となる凱旋門賞のチャレンジ。記念すべき第100回は超豪華な顔触れだ。武豊は遠征する日本馬ではなく、クールモアグループ生産の外国馬に騎乗し夢に挑むことになる。「頑張ってくるよ」と楽しげな口ぶりで言い残して中京を後にした。

続きを表示

「2021 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2021年9月27日のニュース