【天皇賞・秋】スカーレットカラー 伸び伸び11秒6「休み明けでもしっかり走れます」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>太宰騎手を背にCWコースにて併せ馬で追い切るスカーレットカラー(右)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 スカーレットカラーは2週連続で太宰(レースは岩田康)が騎乗、CWコースでプレイヤーズハイ(4歳2勝クラス)と併せ馬をこなした。直線で並びかけると一気にパスし、3馬身突き放した。6F83秒7~1F11秒6をマーク。高橋亮師は「普段なら単走で軽くやるけど、体も増えて馬も良くなっているので併せ馬でしっかりやりました。コンディションはいいし、休み明けでもしっかり走れますからね」と好調をアピールした。東京では昨年、府中牝馬S勝ち。末脚は魅力、大物食いを狙う。 天皇賞・秋

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月29日のニュース