【アルテミスS】タウゼントシェーン 反撃予感の鋭伸12秒5「東京で巻き返したい」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<アルテミスS>坂路を駆け上がったタウゼントシェーン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 コントレイルで3冠制覇を飾った矢作厩舎は、ディープインパクト産駒のタウゼントシェーンを送り込む。最終追いはブラックジュエリー(2歳新馬)を追走、残り1Fで並び掛けると鋭く伸びて1馬身半先着した(時計は4F54秒4~1F12秒5)。矢作師は「状態は変わらず。前走は休み明けのせいか、マイルの流れが忙しかったのか納得がいかない。東京で巻き返したい」と反撃に燃える。矢作厩舎のリスグラシューは4年前に当レースを勝ち、G1・4勝の活躍。偉大な先輩の軌跡をたどるか。 アルテミスS

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月29日のニュース