【天皇賞・秋】カデナ ラスト1F12秒7 パワフルな動き「疲れは感じない」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>坂路単走で追い切るカデナ
Photo By 提供写真

 久々の中2週で向かうカデナは元気いっぱい。坂路で単走、しまいは気合をつけられ4F55秒4~1F12秒7を計時した。「馬場が重かったけど、しっかり動いてくれていました。疲れは感じないですね」と中竹師。今春の大阪杯で上がり最速で4着と見せ場をつくった。後方一気のスタイルは板についている。今回は田辺との新コンビ。「前半はリズムを崩さず乗ってもらって、直線でこの馬らしい走りを見せることができれば」とイメージを膨らませていた。 天皇賞・秋

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月29日のニュース