【天皇賞・秋】アーモンドアイ ルドルフ、ディープ、ウオッカら“伝説の先輩”超える芝偉業へ挑戦

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>3頭併せで追い切るアーモンドアイ(左)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイは昨年ドバイターフを含めて現在G1・7勝。芝G1・7勝は他にシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックと6頭いるが、このレース連覇で芝G1・8勝となればグレード制を導入した84年以降では最多となる。ちなみにダートG1は17年暮れの東京大賞典で有終の美を飾ったコパノリッキーの11勝が最多だ。 天皇賞・秋

続きを表示

「2020 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2020年10月29日のニュース