【スワンS】サウンドキアラ キビキビ駆けて4F53秒2「休養明けの感じはしない」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>松山弘平騎手を背に坂路単走で追い切るサウンドキアラ
Photo By 提供写真

 春のヴィクトリアマイル(2着)以来のサウンドキアラは3週連続、松山が追い切りにまたがった。最終追いは単走で馬なりのままキビキビと駆け上がり、4F53秒2~1F12秒7をマーク。鞍上は「先週までにしっかりやっているので、最後の反応を確かめる程度。しっかり動けていたし、休養明けの感じはしない」と仕上がりに太鼓判を押す。京都は現役最多の6勝を挙げている。舞台巧者が改修前ラストの重賞もモノにする。 スワンS

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月29日のニュース