【天皇賞・秋】アーモンドアイ 8冠へ万全1F12秒5!超加速「フェラーリ」健在

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>ルメールを背にウッドチップコースで追い切るアーモンドアイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 府中のターフに咲くのは晩節を全うする8冠の女王花だ。「第162回天皇賞・秋」(11月1日、東京)の追い切りが美浦、栗東トレセンで行われた。現役最後の秋を迎えたアーモンドアイ(牝5=国枝)は、美浦ウッドコースで5F64秒6~1F12秒5と、女王にふさわしい衰えのない加速力を披露。史上初の芝G1・8勝、牝馬初となる秋の盾連覇へ王手をかけた。同レースの枠順は29日に確定。馬券は30日、一部ウインズで金曜発売される。 

 ツル性多年草の女王クレマチスが晩秋の気配をにおわす美浦トレセンの馬道。夏に株を切り戻してエネルギーをためれば秋に返り咲く、その多年草の傍らでターフの女王から下りた主戦・ルメールが安どの笑みを浮かべている。「5歳秋になってもフェラーリのままです。いつものアーモンドアイだった」。ルメールが女王の乗り味をフェラーリに例えたのは3歳時のJC。それから2年、現役最後の秋を迎えても女王の加速力に陰りはない。

 まばたきする間もなく先行2頭を抜き去った。Wコースでアンティシペイト(3歳3勝クラス)、ロジスカーレット(5歳2勝クラス)との併せ馬。直線入り口で手前を替えた途端、いつも通りの俊敏な反応でトップギアに入った。

 「やっぱり凄いよな」。感心しながら出迎えた国枝師にルメールは「ばっちりです。トップコンディション!過去の休み明けの中でも最もいい」と馬上から笑顔を返した。「この年齢だからもう成長はしないが、ずっとトップの力を維持している。消長の激しい牝馬にはとても難しいこと。国枝先生が無理せずゆっくり調教してきたからエネルギーがなくならない」。

 デビューから足かけ4年、息の長い活躍は花が咲くまで待ち続ける国枝流調教法に秘訣(ひけつ)がある。女王を凡百の競走馬と隔てているのは驚異的な集中力。アドレナリンの分泌で体内のリミッターが一時的に外れるのだろう。限界まで力を出し切るからレース後は熱中症にかかったようにフラつくのだ。だが、多年草のように休養で充電すれば返り咲く。中146日の休養明けは一昨年の秋華賞、昨年の天皇賞・秋、ヴィクトリアマイルと同じ全勝ローテだ。

 寄る年波には勝てぬという。今秋、国枝師は帰厩した姿に繁殖が近づく母性の本能を見た。子づくりに備えるようにどっしりと体の幅が増し、調教を重ねても体重が減らない。10年前に管理した3冠牝馬アパパネの引退前の姿とダブった。だが、寄る年波を押し戻すように健在ぶりを示した女王。「体が大きくなっても重たさは感じない。相変わらずフェラーリです」とルメールは繰り返す。馬道を彩る多年草の女王クレマチスのように競走生活の晩秋にもうひと花。8度目の大輪で晩節を全うするターフの女王花だ。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月29日のニュース