【天皇賞・秋】ダイワキャグニー 余力十分に先着「躍動感が出てきた」

[ 2020年10月29日 05:30 ]

<天皇賞・秋>坂路で追い切るダイワキャグニー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ダイワキャグニーは菊沢師自らが騎乗して坂路で4F54秒3~1F12秒5。余力十分にスプリッツァー(3歳1勝クラス)に3馬身先着した。菊沢師は「中2週なので無理はしてないが、競馬を使ったことで躍動感が出てきた。体の柔らかみもある」と肌で上昇を実感。「東京2000メートルはベスト条件。リズム良く走れれば」と全8勝を挙げる東京コースとの相性の良さに託した。 天皇賞・秋

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月29日のニュース