【スワンS】追ってひと言

[ 2020年10月29日 05:30 ]

 ▼カツジ(池添兼師)攻めは動くけど、それがレースにつながらない現状だからね。今回はシャドーロールを着けるかも。(初騎乗の)岩田(康)くんに良さを引き出してもらいたい。

 ▼カテドラル(池添学師)状態は引き続きいいですよ。刺激を与えるため、前走同様にゲート裏でメンコを外します。外回りもプラスに出るでしょう。

 ▼シヴァージ(野中師)しまいをサッと伸ばす感じ。状態はいいよ。距離延長は問題ないし、走れる条件はそろったレースだね。

 ▼スマートオーディン(池江師)久々のせいか、年のせいか、いい頃の動きには及ばない。差しが決まる馬場はいいですけどね。

 ▼タイムトリップ(菊川師)リフレッシュして状態は戻りつつある。京都1400メートルは一番合う。

 ▼プロディガルサン(国枝師)ダッシュは速くないが、押してでも先行できれば。距離は何ともいえない。状態は悪くない。

 ▼ベステンダンク(安達師)先週乗ったジョッキー(北村友)が「まだ太い」と言っていたのでいっぱいに。このひと追いでどこまで良くなるかですね。

 ▼ボンセルヴィーソ(池添学師)涼しくなって活気が出たし、動きもいい。1400も得意なので。

 ▼メイショウオーパス(飯田祐師)常に攻めは動く馬ですが、この秋は特にいい感じ。久々を使った上積みもあるし、今の状態でどれだけやれるか楽しみ。

 ▼レインボーフラッグ(小崎師)状態はキープ。直線が長いコースや距離は合うけど、勝ち負けするには何か助けがほしいです。

 ▼ロケット(石橋師)休み明けの前走よりも動きはいいけど、重賞でどこまでやれるかですね。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月29日のニュース