【天皇賞・秋1週前追い】フィエールマン、福永と初コンタクト「負荷をかけたけどケロッとしていた」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

併せで追い切る福永騎乗のフィエールマン(左手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 フィエールマン(牡5=手塚)の背には今回コンビを組む福永の姿があった。Wコースで3頭併せ。先行するアップストリーム(2歳新馬)、ライバーバード(6歳2勝クラス)を6馬身追走。直線は外に出して併入に持ち込んだ。

 福永は「ある程度負荷をかけたけど、心肺機能がいいからケロッとしていた。長く脚を使うから直線の長いコースはいい。スローの瞬発力勝負より、流れの助けが必要かも」と初コンタクトの印象を語った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース