【菊花賞】マンオブスピリット、ミルコの手は動かずラスト1F12秒7「状態いい」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

デムーロ騎手を背にCWコースにて追い切るマンオブスピリット(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 マンオブスピリットは2週連続でM・デムーロが騎乗して、CWコースを単走で駆け抜けた。鞍上の手は動かず、6F89秒0~1F12秒7。

 ミルコは「調教では真面目。状態はいいですね。前走は左にモタれていました。VTRを見ると、右回りの方が頑張っているね」と分析した。全2勝は共に淀で京都新聞杯2着の実績もある。鞍上は3年前にキセキでV、一昨年はエタリオウで2着と菊花賞との相性はいい。今年は高配を呼び込むか。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月22日のニュース