【天皇賞・秋1週前追い】クロノジェネシス、悪いところなし 北村友「いい感じ」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

北村友騎手を背にCWコースにて3頭併せで追い切るクロノジェネシス(手前)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 宝塚記念を制して以来の実戦となるクロノジェネシス(牝4=斉藤崇)はCWコースで併せ馬。馬なりのまま、先行したヴィッセン(9歳3勝クラス)に半馬身先着、同じくステラリア(2歳未勝利)とは馬体を並べてゴールした。

 手綱を取った北村友は「いい感じ。悪いところは何もありません」と満足の様子。東京芝2000メートルについても「いいのかどうかは分からないけど、全く気になりません」と泰然自若だ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース