【菊花賞】追ってひと言

[ 2020年10月22日 05:30 ]

 アリストテレス(音無師)ラストはしっかりやるようにとの指示。前走と同じぐらいの出来にある。馬体に変化はないけど、身が入った感じがするね。

 アンティシペイト(国枝師)長距離適性という面ではこの馬。気分良く先行できればしまいまで持つんじゃないか。

 ココロノトウダイ(手塚師)関西への輸送は初めてなのであまりやらなくていい。1回使って良くなっている。距離はやってみないと。

 ダノングロワール(国枝師)前回はためる競馬でしまいが切れたので変わった感じがした。少しずつだけど成長しているし、距離も問題ない。

 ターキッシュパレス(富田)ラスト1Fの反応が良かった。先週しっかりやって上積みはあります。前回がいい競馬だったし、距離が延びていいタイプ。

 ディアマンミノル(本田師)中1週でもダメージなくいい感じ。しまい重点で動きも良かった。折り合いはつくので距離は大丈夫だと思います。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース