【菊花賞】ビターエンダー、硬さ消えスムーズ 相沢師「直線勝負してほしい」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

併せで追い切るビターエンダー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3冠皆勤のビターエンダーは津村を背にWコースで5F66秒6~1F12秒5。サペラヴィ(3歳2勝クラス)を4馬身追走して馬なりのまま1馬身先着した。

 相沢師は「前走(神戸新聞杯11着)を使って状態が良くなった。動きがスムーズだし、馬の硬さがなくなった」と納得顔。「お父さんはオルフェーヴルだし、3000メートルは大丈夫。距離が長いのであまり前に行かずに直線勝負してほしい」と話した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース