【天皇賞・秋1週前追い】キセキ、武豊帰国後初騎乗「東京合いそう」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

武豊騎手が騎乗し、坂路で追い切られたキセキ
Photo By 提供写真

 フランスから帰国後、2週間の自主隔離期間を終えた武豊が栗東トレセンに姿を見せ、キセキ(牡6=角居)の1週前追い切りに騎乗した。前走の京都大賞典は浜中騎乗で2着。「最初から“巣ごもり”の準備はできていたし、意外と早かったね。前走も家で見ていました。難しい馬だけど、ハマ(浜中)がいいレースをして地力を示してくれました」。

 この日は坂路馬なりで4F52秒5~1F12秒7。「気合も入っていたし、思ったより馬が走りたがっていました。東京も合いそうなイメージ」と好感触を伝えた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース