【菊花賞】ガロアクリーク、納得の馬なり併入 上原師「予想通り状態は上向いてきている」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

併せで追い切るガロアクリーク(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 セントライト記念3着ガロアクリークは輸送も考慮しての最終追い。Wコースでロザムール(4歳3勝クラス)を4馬身追走し、馬なりで併入した。

 上原師は「初の夏休み明けの前走は体が緩かった。予想通り状態は上向いてきている」と仕上がりに太鼓判。「キンシャサノキセキ産駒だけど先入観をなくして自信を持って菊に挑む。レースは川田くんに任せます」と語った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース