【菊花賞】ロバートソンキー、林師初G1へ満足「いい状態で競馬へ向かえそう」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

坂路で併せで追い切るロバートソンキー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロバートソンキーは坂路でグログラン(5歳2勝クラス)と併せ、馬なりで2馬身先着した。今回がG1初挑戦になる林師は「予定通りできた。いい状態で競馬へ向かえそう」と満足そう。

 トライアル神戸新聞杯3着で出走権を獲得。「前走を見ても距離が駄目なことはない。全部違う競馬場で走ってるから、輸送も心配していない」と晴れやかな表情で話した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース