【菊花賞】レクセランス、松山手応えの切れ「前回より反応が良くなってます」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

松山が乗り、坂路で追い切られたレクセランス
Photo By 提供写真

 秋華賞で3冠制覇の松山が今週は3冠阻止に動く。休養明けの神戸新聞杯を叩かれたレクセランスが急上昇だ。坂路の最終追いは4F54秒3~1F12秒5。俊敏さに磨きがかかった。松山は「2週続けて乗って動きは良かった。ラスト100メートルはしっかり反応。前回より反応が良くなってます」と歯切れがいい。

 舞台は2戦2勝の京都。「距離はこなしてくれそう。ハミに乗っかかる部分があるので、スムーズに走れれば」と課題を挙げながらも手応えを口にした。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月22日のニュース