【菊花賞】バビット、浜田師流でゆったり最終追い 1週前に“完成形”

[ 2020年10月22日 05:30 ]

坂路にて単走で追い切るバビット(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 大一番を前にしても、やることは変わらない。バビットの最終追いは坂路単走でほぼ馬なりのまま、4F55秒7~1F13秒0。時計は地味だが、これは浜田厩舎のスタイル。4連勝時の坂路最終追いの時計は順に55秒0→56秒8→56秒5→56秒5だから、これでいいのだ。浜田師も満点ジャッジを与える。

 「いつもの調整ですよ。1週前にはCWコースでしっかりと。前走は八分か九分だったけど、今回はいい状態で挑めます」

 実質的な最終追いだった先週のCWコースが内田を背にして過去最高と思える動き。打倒コントレイルの筆頭格にふさわしい出来なのは間違いない。

 気になるのは展開だ。逃げて4連勝中だが今回はキメラヴェリテが早々とハナ宣言。それでも浜田師はどこ吹く風。「馬のリズム重視で運べばいいしレースはジョッキーにお任せです。コントレイルを相手に“どこまでやれるか”というのが本音ですけど、スタミナはありそうですからね」とレースを心待ちにしていた。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月22日のニュース