【桜花賞】(10)フィオリキアリ 真ん中偶数枠を歓迎

[ 2020年4月10日 05:30 ]

坂路を駆け上がるフィオリキアリ (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 フィオリキアリは5枠10番に決まった。投票所で枠順を確認した清水久師は「真ん中の偶数なら、いいと思います。極端な所じゃないですしね」とサラリ。追い切り翌日の9日は厩舎周りの運動で体をほぐした。「間違いなくプラス体重で出せるし状態はいい。この馬のことは藤井君が一番分かっている。彼に任せるだけ」と鞍上に託す。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月10日のニュース