【桜花賞】(12)インターミッション 枠に不安はなし

[ 2020年4月10日 05:30 ]

 2頭出しとなる手塚厩舎のインターミッションは6枠12番となった。矢嶋助手は「枠に特別なこだわりはない。頑張ってほしい」。前走・アネモネSを勝ち、長距離輸送での負担を減らすため早めに栗東入り。「栗東でも順調なので楽しみ。前走は内で我慢して抜けてきた。今回も展開の隙を突ければチャンスはある」と同助手。強敵ぞろいだが一発を期待した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月10日のニュース